無料ブログ
ハッピネス 2012年05月

04月≪ 2012年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.27 (Sun)

タティング、始めました。

今年の初めにちょこちょこと始めたタティングレース。
まだまだ「出来る」とは言い難く、某所でちょこちょこ呟いたりはしていましたが、
ようやく少しは出来るようになったので、経過をば

タティングは、シャトルという道具を使って編むレースの事。
ref=dp_image_0.jpeg

最近、手芸店や雑貨屋さんで見かける事も多くて、静かに流行って来ているのでは...
きっかけは、本を見ていて「このレースはかぎ針じゃないし、なんだろう...」と思った事です。
かぎ針は「編む」感じですが、タティングは「結ぶ」という感じ。
なので間違った時ほどくのが大変です
あと、どこでも糸を繋いでいいと言う訳ではない様で、シャトルに残っている糸を考えながら次にいかないとダメみたいです。
そんな感じで小さいものからボチボチと...
t-lace1.jpg
一番左、基本パターン(笑)
真ん中は、色が違う所はシャトルを替えています。
シャトル1つ、シャトル+糸玉、シャトル+シャトル...など組み合わせて編むと、色を替えたり方向を変えたり出来るのです。
右端は小さいカゴ。
単色、段染め、色を変えて。

t-lace2.jpg
左はブックマーカー。右はミニモチーフ。
かぎ針レースと違って、アイロンする前から形が落ち着いています。
のりをスプレーしてアイロンすれば、かなり安定するのでアクセサリーにとても向いている感じ。

t-lace3.jpg
で、最近出来たミニドイリーです。
ダルマのレース糸30番手(ちなみに上の練習は40番)、写真じゃよく解らないのが残念ですがとても綺麗な紫色なんです。
糸の艶やかさは、かぎ針編みより良く感じられるような気がします。

あ、そうそう。
個人的に感じる大きな違い
かぎ針は、左手、中指と親指で押さえて人差し指に糸をかけていますよね?
ところがタティングは、人差し指と親指で押さえて中指に糸をかけるんです。
これが最初慣れなくて、糸が外れたり緩んだり...
一番苦労した点かも...。
まだまだ辿り着いていない技法もあるので、亀の歩みで行きたいと思います

...糸のかける指、人差し指の方が下手になっても嫌なので、かぎ針も編まなくちゃ
スポンサーサイト
21:19  |  手作り  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。